[Stock]

噴気の場所 / ”砂” [2012/01/27]

1/27 噴気丘 [afresh]
ZOOM

1/27 噴気丘

 この小山というのか丘は、全体から湯気が上がり、あとから後から溶けるために雪がほとんど積もりません。
 手で触ってもほんのり暖かいので、ゴロ寝したら岩盤浴のように気持ちヨサソウ?...ですが、この湯気には硫化水素が含まれています。一酸化炭素よりも毒性が強いものなので、噴気の中の98%ほどは水分だそうですが、気体が溜まるような場所や吸い過ぎになりやすい状況には十分注意しなければなりません。

 丘に近づくと、毛皮が雪だらけで、どことなくくたびれた感じの大狐がこちらを見ながら去っていきます。暖を採っていたのかもしれません。

 この丘のように突き出て大きければ気づきやすいのですが、すぐ雪に隠されてしまうような大きさの穴が地熱で出来る場所も多くあり、視界不良時には突っ込まないように気をつけなければなりません。



旭岳温泉  晴後曇  最高-12℃ 最低-13℃  

1/27 結晶 [afresh]
ZOOM

1/27 結晶

 今日も、砂っぽい滑走感をもたらすような、大変小さい結晶ばかり。
しかし六角のキラリとしたものだけを拾いだすと、それぞれの幾何学模様の違いが見事でした。

back2017年05月next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE