[Stock]

姿見状況 [2016/12/10]

 [Stock]
ZOOM


朝の天気がいまいちだったせいか、昨夜さっくり降ってなかなか快適そうな割には人出がやや少なく、コースを広々使える感じでした。

 Aコースはまだ標識設置などが間に合わず、開放に至っていません。 

 [Stock]
ZOOM



 ドローンについては、

まず、旭岳ロープウェイがゴンドラ内への持込みを認めないことにご注意ください。詳しくはこちらのページの注意書きをお読みになって、ご不明の点はロープウェイにお尋ねください。

 姿見駅や旭岳ビジターセンターは道有林ですので、無人航空機の飛行についてはコチラをご覧ください。

また、センターの、道路をはさんだ、すぐ南側のクロスカントリースキーコースなどは国有林ですので、こちらをご覧ください。

 [Stock]
ZOOM


 旭岳山頂に向かうのでしょう、点々と目印が残されていました。
雪上での道迷いを防ぐ古典的なやり方で、山岳会などがよく用いる方法です。
夏の登山道を示すものはほとんど雪に埋もれており、帰りに自分の目印を回収しながら帰るので、多少の労力は掛かりますが非常に堅実な方法です。
目印を残すと、他の人を惑わせることにもなり、環境保全の上でも確実に持ち帰りましょう。

 [Stock]
ZOOM


姿見の展望台の塔は樹氷に覆われています。(作業はもちろん夏季のことでしょうが)ロープウェイも無い時代に担ぎ上げたのは、改めて感心します。

 10m弱の塔は、好天日には目立つ構造物ですが、冬場は展望台の直前まで来ても雪やガス(霧)で見えなくなることが別に珍しくありません。

 [Stock]
ZOOM


 石室の1階ドアはほとんど埋もれていますが、ドアが壊れかけているので、キチンと閉まらず、雪が侵入し、出入りした動物の足跡が無数に残されていました。
 このドアから出入りすると、よほど丁寧に雪や氷を取り除かないと隙間がどんどん広がってしまいますから、冬は2階の窓から出入りしましょう。

 2階からの出入りの際も、帰りにはしっかり閉じたか確認して帰りましょう。

back2017年05月next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE