[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

自宅の中にあるギャラリー

旭川から、道道旭川旭岳温泉線を、東川町に入って約1.2キロメートル。旭川空港へ行く西8号の交差点を越え右側の交番の先を右折。2本目の道を左折した先、西地区の一角に自宅兼ギャラリーと手前右側に工房がある。

 [Stock]
ZOOM

春の悦びあふれる陶器

北海道に住む者にとって、いっせいに草や木が芽ぶく春はとても待ち遠しい。長い冬をひたすら耐えて迎える春の悦び、その輝く生命力を、「華道の雅号である斉藤春悦により命名しました。」作品の器にも、春の花が多く描かれている。陶芸の世界に身を置いてかれこれ15年。人の手が及ばない“焼成"という工程を経て生み出される陶器には、「未だに、なかなか上手くいかない部分も多いですが、思うようにできた時は最高にうれしいですね。」とオーナーの斉藤悦子(春悦)さん。

 [Stock]
ZOOM

身近に触れられる自然の中で

「旭川でやっていたのですが、古くて手狭になってきたので建て直しを考えました。けれど、近所には場所がなくて。土地を探して東川まで来てしまいました。ここは、のんびりしていて、空気もきれいで水も美味しい。春先、となりの田んぼには、稲の根をついばみに白鳥がくるんですよ。その姿は、このギャラリーからも良く見れます。」住宅地の中で、間近に自然の生命の営みに触れられる。まさに、ここでしか得られない春の悦びを感じるひとときだという。東川に移ってきたのは2006年のこと。

 [Stock]
ZOOM

女性らしい気づかいあふれる作品

斉藤さんの作品は、女性らしい気づかいにもあふれている。「料理は、目で楽しむものと良くいわれています。日本料理は器が10、料理が3の割合で盛付けをすると、とても美しく、食材がひきたてられます。」この基本をふまえて、「私の作品は、料理をじゃませず、しかも、使いがってが良いよう軽くして、また、収納のことも考えています。主婦の方に、毎日気楽に使っていただきたい器です。」ご自宅の居間をあてたギャラリーには、皿、カップ、茶碗、花器など様ざまな作品が品よく美しく展示されている。「窯の中での火の入り具合により、1点1点の作品は微妙に異なります。同じように見えても、同じものは一つとしてありません。」そこに、食器選びの楽しさがあるのであろう。「個展や陶芸展などのイベントへの出品も行っています。会場には必ず顔を出し、使って下さい、とお話ししています。」と斉藤さん。最近は、初心に帰り、土に石が混じった伊賀土を使ってシンプルな作品づくりを始めたという。

 [Stock]
ZOOM

陶芸体験や絵付け体験も

斉藤さんの陶房は、自宅の横に設けられている。中に入ると、焼成前の生素地が並ぶ乾燥棚や土揉みを行う作業台、絵付けの道具や電動のろくろなどが所狭しと置かれている。ここでは、通年、“陶芸体験"と“絵付け体験"も行われている。1週間前までに予約すれば、10時から16時の間、2時間前後で体験できるので、東川に来たらぜひ、とのこと。笑顔のよく似合う、ユーモアたっぷりの魅力的な斉藤さんの指導で、楽しみながら,世界でひとつだけのオリジナル作品づくりに挑戦してみたい。

陶芸体験・絵付け体験は、「ひがしかわDE感動体験事務局」TEL:0166-82-0800FAX:0166-82-3040メール:agtec@agtec.co.jpへ

Access & Information / アクセス&インフォメーション

店名 陶房 春悦(しゅんえつ)
ジャンル
TEL 0166-82-3166
FAX 0166-82-3166
E-mail
URL
住所 北海道上川郡東川町西町8丁目6−5
営業時間 午前9時から午後5時
定休日 不定休

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE