[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

福祉専門学校裏手の水田の中、林に囲まれたギャラリー

道道旭川旭岳温泉線を、道の駅から天人峡方向へ約1.5キロメートル。1号の交差点を左折、約2キロメートル先の北海道環境福祉専門学校をめざす。専門学校の高台を下ったすぐの所を右折、そのまま約0.5キロメートル走って交差する道路を越え、しばらく行くと左側に、ギャラリーへ通じる道がある。

 [Stock]
ZOOM

ギャラリー名はオオジシギの鳴き声

zbiyak(ズビヤク)は木工クラフトアーティストの早見賢二さんのギャラリー。zbiyakとは、「オオジシギの鳴き声からきています。この鳥は、鳴きながら尾羽で大きな音を出し急降下するディスプレイフライトが特徴です。ギャラリーの名称をどうしようか、と考えた時、この鳥が屋根の上で鳴いたんです。それで、決めました。」1948年、大阪市生まれの早見さんは、1972年、24歳の時、北海道旭川市に移住して、木工芸を始めたそうだ。「北海道に旅行に来て、ああ、ここは人の住むところだ。」と思ったことがきっかけ。もともと、動くものが好きな工作少年だったという早見さん。動くものを作り続けて来た経験から、「絵心もあるし、木工の仕事もやっていける。」と自信を持って、旭川へ移り住んだ。1977年に個展活動も始め、1984年、少しでも旭岳に近い所ということで東川町に移住。元農家(宅地)を入手、母屋に住み、納屋を仕事場にして新たな作品づくりを始める。

 [Stock]
ZOOM

全国で羽ばたく実物大の鳥モビール群「鳥たちの空」

早見さんの作家活動を決定づけたのが、1991年に行った、室内ディスプレーにする実物大の鳥モビール群「鳥たちの空」の制作だろう。これは、ある建築家から、長野県安曇野市で建設中の大型店舗の大きな空間に、信州の自然を感じさせるディスプレイができないかとの相談を受けたのが始まり。早見さんは、その大きな空間を空に見立てて、実物大の木の鳥が飛び交うモビール群を制作、60羽以上の鳥を創ったそうだ。これを見聞きして、沖縄の県立南部医療センター・子供ホールに飾るアホウドリ・オオグンカンドリ・カツオドリなどの沖縄で見られる鳥を、兵庫県豊岡市の公立豊岡病院ホールを飾るコウノトリ、コガモなどを制作。東京のゲートシティ大崎アトリウムには、タンチョウが16羽が群舞するモビールを納めた。

 [Stock]
ZOOM

木の質感を生かした、羽ばたく鳥のオブジェたち

早見さんの創る“モビール"は、様々な野鳥をモチーフに、木の質感を生かしたもの。羽や体、頭の色の違いは、材質や色などの異なる様ざまな種類の木を組み合わせて再現する。出来上がった羽や首や胴を、関節のように自由に動くように組み合わせる。この時、テコの原理を使って微妙なバランスを保たせるため、風が吹くと、ワイヤーで天井から吊るした鳥が、まるで空を飛んでいるかのように優雅に羽ばたく。見ているだけでワクワクするオブジェだ。“モビール"と並ぶ代表作は、“ロベロベー"だ。“ロベロベー"は、折り曲げたステンレススチール棒の片方におもりをつけ、もう一方の先に木の鳥を乗せる。これをヤジロベーの原理を使って支柱で支えると、木の鳥が絶妙なバランスを保って様ざまな動きを見せてくれる。次の動きがどうなるのか、ちょっとハラハラもするオブジェである。

 [Stock]
ZOOM

壁面を飾る大きな木製ディスプレーで新境地

空間のオブジェ“モビール"と“ロベロベー"とともに、壁面を飾る大きな木製のディスプレーも早見さんならではの作品である。2001年、東京の国立成育医療センターに設置した「ようこそ」、「ひとりじゃないね」の2タイトルの作品を皮切りに、静岡県の浜松医大病院に「みんなでリ♪ズ♪ム」札幌の北海道立療育医療センター・こどもっくるに「エトピリカ豊穣の海」、地元の東川町幼児センターに「ももんが森の大きな木」など立て続けに制作を続けている。いずれも、公共施設や医療機関などにふさわしい、木の持つ温かみを生かし、ほのぼのとした感じの作品だ。このほか、旭川のガラス工芸作家とコラボレーションして創りあげた、木の鳥と照明を組み合わせた「月の鳥」などの作品もある。

「東川は水が良いし、町に元気がありますね。ここは、旭岳が近くに見えますし、野鳥の観察にも事欠かない。自然の中で暮らすのが一番です。幸い、隣町の旭川は木工の町なので、木工道具の調達には困らないですし。」鳥のさえずりが聞こえる緑の林に囲まれた工房とギャラリー。豊かな自然は、早見さんの新しい作品づくりへの活力となっている。

Access & Information / アクセス&インフォメーション

店名 早見工房(ズビヤク)
ジャンル
TEL 0166-82-2301
FAX 0166-82-2301
E-mail zbiyak@potato.ne.jp
URL http://ventirre.com/zbiyak/
住所 北海道上川郡東川町東2号北26
営業時間 午前10時から午後5時まで
定休日 不定休

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE