[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

クラフト街道最初の工房&ギャラリー

旭川から、道道旭川旭岳温泉線で、道の駅『道草館』の手前の信号を左折、約3.5キロメートル行った突き当たりを右折し、約1.8キロメートル。東川町の山すそ「クラフト街道」に入ってすぐ左側の高台にある大きな三角屋根のログハウス風建物。この道は、夏から秋にかけて、コスモスなどの花が咲き誇る。

 [Stock]
ZOOM

模様を象(かたど)り、嵌(は)め込む、木象嵌(もくぞうがん)の工房

木の種類による木目の違いや色の違いを利用して、絵を作る木象嵌の作家として知られる大箭(おおや)利明さんのギャラリー。大箭さんの作る木象嵌の作品は、主に額やトレー、コースターなど。「初めに額やトレーにする木板に、絵をはめ込むための彫り込みを入れ、そこに様々な色の木を、細かな薄い部材にして一つ一つはめ込んでいく」という精巧な技で作られる。すべての部材をはめ込み終わったら、最後に表面を平らに削って仕上げて、完成する出来上がった作品は、木が持つ、自然の色や木目だけで描かれているが、まるで、色を塗ったような鮮やかさだ。大箭さん独自の繊細な美しい工法である。

 [Stock]
ZOOM

豊かな自然環境に恵まれて

大箭さんは、1943年北海道旭川市生まれ。旭川で木工を続け、1992年には、旭川教育研究実技研修講師も務めている。旭川から東川に移った1998年に相和工房ギャラリーを新設した。「この土地を見に来た時、振り返ってみたら、眼下に広がる水田の景色があまりにも美しくて。」気に入ったそうだ。「以前、ギャラリーの前に鳥の餌箱を作っていたのですが、アカゲラやアオゲラなどがいっぱい集まってきましたね。そんな山の中といった感じなのに、空港にも都会にも近い。創作活動にも生活するのにも恵まれた良い所です。」

 [Stock]
ZOOM

心、和む木象嵌の作品が整然と並ぶギャラリー

木象嵌の大小さまざまな類、トレイやコースター、小箱などの作品が整然と並ぶギャラリー。作品のモチーフは、東川や美瑛など近郊の風景、北の鳥や動物、花など。

 [Stock]
ZOOM

優しい光に包まれ、時を忘れるティータイム

山沿いの高台の上にたつギャラリーからの眺望は抜群。ギャラリーの隣で奥様がやっているカフェ、「喫茶コスモス」の壁面一面に開かれた大きな窓からは、手入れの行き届いた前庭ごしに東川の田園風景がパノラマの様に広がる。優しい光に包まれて楽しむティータイムに時を忘れる。喫茶ではこだわりのランチもおすすめだ。東川産のななつぼしを使い、控えめな味付で素材の味を引き出した“きのこご飯セット"や赤ワインと道内産野菜の水分だけで煮込んだ“キーマカレーセット"。いずれも、素材のうま味がぎっしりと詰まった絶品である。

 [Stock]
ZOOM

ゆったりした環境のなかで楽しむ象嵌体験も

ギャラリーでは、象嵌の体験も行なうことができる。木の温もりを感じながら、簡単に小物や壁掛けを制作する象嵌体験、所要時間は約2時間だ。壁掛けパネルに象嵌を施すAコース、象嵌を施した壁掛けパネルに額縁を付けるBコース、小物入れやペン立てに象嵌するCコースが揃っている。6名までなら、ギャラリーで、大人数の団体などは、公民館やコミュニティセンターなどで、ゆったり体験を行なえる。体験は、前日までの予約が必要、月曜は定休日。大箭さんの親切丁寧な指導で、自分だけの作品を記念に残すことができることがうれしい。なお、本物の木の皮は扱いが難しく、熟練した技が必要なため、体験では木目のビニールシートで行うとのことだ。

 [Stock]
ZOOM

個人の記念品の制作など、思い出づくりにも協力

「初めて取り組んだ時は、どんな絵柄が良いのか見当もつかなかったので、そばにあった子供の描いた絵を使って試してみました。」深い意味があってのことではなかったが、「最近、お子さんが幼少期に書いた絵を大事にずっと保管しておきたいので、象嵌にしてくれないか。という依頼も増えてきました」という。このような依頼や特別な注文には「費用別途で相談を受けています。気軽に相談してみてください。」とのこと。

北の象嵌ギャラリーショップ相和工房の象嵌体験の申し込み・問い合わせは「ひがしかわDE感動体験事務局」TEL:0166-82-0800(9時〜18時日祝祭日休み)FAX:0166-82-3040メールでの問い合わせはagtec@agtec.co.jp(24時間受付)

Access & Information / アクセス&インフォメーション

店名 北の象嵌ギャラリー相和工房
ジャンル
TEL 0166-68-4125
FAX 0166-68-4126
E-mail
URL
住所 北海道上川郡東川町1号北44番地
営業時間 午前10時30分から午後5時(冬期 12月から2月 午前11時30分から午後4時まで)
定休日 月曜日

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE