[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

天人峡の生い立ち

 北海道の最高峰旭岳の東方に、お鉢平と呼ばれるカルデラがあり、そこにはかつて2000m級の成層火山がありました。その火山が約3万年前に巨大噴火を起こし、大規模な火砕流や熱雲が発生しました。それらは山の斜面を流れ下り、忠別川の流れる谷を埋め尽くしました。現在の旭川を含む上川盆地へも流れ込み、その厚さは4mほどもあったと考えられています。天人峡付近に堆積した火砕流の厚さは150m~200mにも達し、元々高温であったものに自重の圧力も加わりガラス片や軽石は再溶融しました。やがて扁平化、湾曲、変形したものが冷えて固まる際に体積を収縮させ四角形や六方称形の形をとるようになったのです。
  これがあの印象的な柱状節理(ちゅうじょうせつり)で地質的には溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)と呼ばれています。当時の天人峡はこれらの堆積物に覆われていましたが、一万年以上もの長い時間をかけて忠別川が深く深く岩を削り取ってできあがったのが、今日見ることのできる天人峡なのです。

 [Stock]
ZOOM

羽衣の滝の生い立ち

 今から約3万年前、お鉢平中央火山の噴火によって、現在の天人峡付近は火砕流による堆積物で埋め尽くされました。その堆積物は冷え固まる過程で柱状節理を形成し、1万年以上もかかって河川の浸食を受け現在の形になりました。
 北海道の天然記念物に指定されている羽衣の滝は、旭岳の残雪がとけて流れ、落下するアイシホップ沢とポンアイシポップ沢の2つの滝が中程で合流し、一本にまとまって絶壁に掛かり、落差270mを7段に分かれて忠別川に落下しており、北海道一の高さを誇ります。


おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE