[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

天人峡温泉は、1894年に忠別川での鉱物探索中に発見された。1897年に発見者の名前を付け、松山温泉として開設。その後、1937年に現在の天人峡温泉と改称。翌年、自動車道路が開通した。天人峡温泉は、大正時代から昭和初期に有名になり、大きく発展したが、発見当時は、柱状節理にへばりついて露天風呂があり、小さな橋で川を渡って宿から通っていたという。

天人峡温泉 年表

1897年 松山多米蔵氏、忠別川上流に鉱物資源の探検している際、松山温泉を発見(後の天人峡温泉)
1898年 松山多米蔵氏、旅館及び湯小屋の建設に着手。
1900年 旅館新築完成、営業開始。松山温泉(現天人峡温泉)の誕生。
1903年 博文館発行の松原岩五郎著「日本の名勝」誌に初めて「大雪山」名称が記載され大雪山呼称の創始となる。
1907年 上川中学校(現旭川東校)生徒45名を引率し、磯部教論が旭岳に団体登山を実施。その後、年中行事となる。
1909年 松山温泉(現天人峡温泉)にこのころから探勝者が増え始める。この頃は忠別川に鮭が遡上していた。
1910年 北海道の最高峰を「旭岳」と呼称する。
1911年 上川中学校(現旭川東校)教論の小泉秀雄氏が大雪山一帯の地形地質生物などの学術調査をし、体系的論文「大雪山登山法及登山案内」を発表。
1916年 勇駒別温泉(現旭岳温泉)に阿久津敬吉氏が湯小屋を建設。
1921年 大町桂月、大雪山を横断する。8月に明治の文豪大町桂月は層雲峡より大雪山を横断し、松山温泉(現天人峡温泉)に下山。
1923年 北海道山岳会が設立。大雪山縦走登山道路開削(層雲峡~松山温泉(現天人峡温泉)。「旭平」、「雲の平」に石室が完成。
1927年 旭川~東川西3号まで電車軌道が開通。旭川電気軌道営業開始により、電車で東川村まで行き、松山温泉への徒歩距離は短縮され、東川村は温泉の玄関口となった。
1934年 12月4日大雪山国立公園として指定される。
1937年 松山温泉を「天人峡温泉」として統一した。公園入口より、温泉までの歩道を車道に改修工事。
1938年 9月8日公園入口より天人峡温泉までの自動車道路が完成。(旭川~天人峡温泉)までの直通バス運行開始。


おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE