[Stock]

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

 大雪山は北海道の最高峰である旭岳(2,291m)をはじめ、20連峰におよぶ標高2,000m級の山々の総称です。大雪山国立公園は、これらを中心に北海道の中央に成り立つ、わが国最大の山岳を中心とした原始性の豊かな国立公園です。その面積は、ちょうど神奈川県の広さに匹敵する226,764ヘクタールにおよび、1934年(昭和9年)に国立公園に指定されました。 かつてアイヌの人々は大雪山を「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼び敬い、また1923年(大正12年)に大雪山を踏破した文人の大町桂月は「富士山に登って山岳の高さを語れ、大雪山に登って山岳の大きさを語れ」とその雄大さをたたえた有名な言葉を残しています。
 大雪山国立公園の山々の多くは、標高が2,000m前後ですが、緯度が北に位置しているため、本州3,000m級の山々に匹敵する高山環境をもっており、本州中部では標高1,500m以上にならないとなかなか見られないダケカンバ林が、大雪山では標高500mから1,600m前後の間に見られます。
  山頂付近は夏になると、日本で最大といっても過言ではないほど多彩な高山植物のお花畑が広がります。その種類は約360種類。また、公園内にはその規模の大きさに比例するかのように、多様な動物も生息しています。ほ乳類では、ヒグマやエゾシカ、キタキツネ、エゾシマリスやクロテンなど、北海道の陸生動物の90%にあたる23種が生息し、鳥類では国の天然記念物のクマゲラやシマフクロウなども含め、北海道の陸生鳥類の80%近くを占める140種が生息しているといわれ、魚類ではサケ科のオショロコマが生息しており、然別湖だけに生息する大型化を示すものは、ミヤベイワナと呼ばれています。このように希少な動植物が生息している大雪山国立公園は、十勝川源流域を含む一帯が特別保護地区であり、国の特別天然記念物にも指定されています。
 その大雪山国立公園の南東山麓、忠別岳から流れ出る忠別川の上流にあるのが、約100年の歴史をもつ天人峡なのです。


おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE